青汁には大麦若葉が素材として使われることが多いですが、桑の葉茶でおなじみの、桑の葉を粉末にした青汁もあるようです。

桑の葉は、古くから民間療法の薬草として使われてきたこともあり、体にい良いことはよく知られています。
中国四川省では、桑の根や葉は生薬として、長い間漢方薬として煎じて飲まれてきました。

桑の葉を粉末にした青汁は、便通を整えダイエットに効果があるという裏書きされていたという記憶がありますが、桑の葉茶なら飲みやすく、手軽にダイエット効果も得ることができます。

最近では、血糖値の上昇を抑制、肝機能改善、整腸作用の効果も期待されているそうです。

本来、桑は絹糸を生産するカイコのエサとして重要な植物で、日本で栽培されるクワの品種は100種超。
そのほとんどは、ヤマグワ、カラグワ、ロソウの3種を原種として栽培されています。

ヤマグワは日本原産で、東北地方を中心に各地に分布し、高さは8メートルにもなるそうです。
カラグワ、ロソウは、中国や朝鮮が原産地です。

古代中国では、桑を神木と考えられており、東北地方では、養蚕守護神として、また豊作祈願、災難除けの神として信仰されています。

詳しいことは▲桑の葉茶でスラッと健康生活▼が参考になります。

挙式のスタイルはいろいろありますが、レストランウエディングというのもあります。東京でこのレストランウェディングをするならつきじ治作(http://www.jisaku.co.jp/wedding/ )はいかがでしょうか?
「つきじ治作」と言えば、東京でも老舗の料亭です。こちらで挙式をすれば親戚やご両親に一目置かれること間違いなしです。
挙式のタイプは大きく3つに分かれます。お好みで選べます。人数を限定してするなら「家族婚」でしょうか。

会場は洋室2タイプ、和室2タイプと用意されています。足腰に不安がある方には椅子にかけられる洋室がいいようです。
メインとなるお料理はこちらのウェディングで一番好評とされているものです。月ごとにテーマが決められており、旬の食材を職人の方が丹精込めて提供しています。
また、料理に関しては年配の方へ配慮やベジタリアンの方への献立など信仰上の問題等ご相談の上、提供しています。
衣装は6種類用意されています。白無垢から色打掛、十二単などもあります。
ちなみに十二単はご存じの方も多いと思いますが、重ね着してとても重量が重くなるものです。平安時代に「大朝重ね」とも呼ばれていました。これを現代風にアレンジしたものになります。
和装だけでなくドレスの用意もあります。挙式で和装、披露宴は洋装なども可能です。

最新のトレンドが輝く街、表参道。
クラブローゼス表参道はそんな街に似つかわしい、お洒落な結婚式場です。

コンセプトは「その日、表参道の輝きは、すべて私のものになる」。
いっそ、傲慢なまでのコンセプトですが、結婚式の主役には、これくらいの心意気で臨みたいものですね。

クラブローゼス表参道のサービスはどれをとっても本当に素敵なのですが、ここでは特に、「空間」についてご紹介したいと思います。

なんといっても圧巻なのは、すべてクリスタルで統一されたクリスタルチャーチ。
キラキラ光り輝く「ガラスの城」で、永遠の愛を誓う……ため息が出るほど、素敵です。

また、シンプルなカラーを基調とした温かみのある空間を提供するのは、アレクサンドラ邸。
光り輝くシャンデリアに囲まれて、大切な方々のおもてなしができます。

そして、色とりどりに花に囲まれるスィートなウェディングを演出するのは、メアリー邸。
明るく、華やかなウェディングを催すことができます。

大人の優雅なウェディングをお好みの方には、ヴィクトリア邸がおすすめ。
落ち着いた色合いでまとめられた空間で、宝石のように美しいお料理や美酒を多能できます。
表参道 結婚式場

その他、料理&デザート、演出&サービスなど、ClubRoses表参道はお二人のためのスタイリッシュなウェディングを叶えます。

東京・表参道の結婚式場|クラブローゼス表参道で幸せなウェデンイグをお楽しみください。